ドールホラー

コミック特集
スポンサーリンク

ドールホラー

人形~ヒトガタ~

人形~ヒトガタ~

突然姿を消した親友千代を探しに人形村を訪れた高校生のモカ。

その村は人形作りが盛んで、人形村の名前の通り、村中に人形が溢れかえっている。

モカは住民たちに千代のことを聞こうとするが、異常なまでの拒絶を示されてしまう。

隣町から来たという駐在の話によると、村には人形を神にささげる祭があり、昔は人間を生け贄にしていたらしい。

祭を執り行う住民たちの中に捕らわれた千代の姿を見つけたモカは近づこうとして、鈴の音を鳴らしてしまう。

鈴の音は祭のタブーだったらしく、住民たちはモカを殺そうと襲い掛かってくる。

そんな中、オンギョウ様と呼ばれる人形たちが現われるというストーリー。

住民たちにもそれぞれ思惑があり、オンギョウ様を介して自分の欲を叶えようとする展開もあり、状況がどんどん悪化していくのもおもしろい。

オンギョウ様に傷つけられて生き残ってしまうと、その人もオンギョウ様に変異していくというゾンビのような属性も、今後の展開に期待を持たせるところ。

人形~ヒトガタ~
ヒトガタ
白崎メオ
公式サイト(マガポケ)

人形峠

方條ゆとりと望月菓子によるホラーマンガ。

農村体験で山奥にある幸神村を訪れた高校生たち。

班に分かれてそれぞれの家で歓迎を受けていたが、地震でトンネルが崩落して村に閉じ込められる。

隔離された村に隠された秘密によって殺されていく生徒たち。

生徒たちの中にもおかしくなっていく者たちがおり、事態は混沌としていくというストーリー。

WEBコミックのGANMA!で連載中なので、連載終了するまでは無料で読めると思います。

人形峠
ニンギョウトウゲ
望月菓子/方條ゆとり
公式サイト
GANMA!

生き人形】シリーズ

稲川淳二の語る怪談として有名な【生き人形】のコミカライズを【カルラ舞う!】の永久保貴一が執筆。

稲川淳二の実体験をもとにしており、実際の舞台や番組にも影響が出ていて、関係者が不幸に見舞われ続けました。

そんな語るだけでも祟ると言われている内容ですが、それでも怪談では語られておらず、その語られなかった部分も描かれてます。

昔はホラー漫画雑誌と言えば朝日ソノラマの【ハロウィン】と言ってもいいくらいだったハロウィンに掲載。

コミックスとしては、ハロウィン版の【生き人形】と、ホーム社の文庫版として【生き人形】、続編である【続・生き人形】が発売されています。

ただ、【生き人形】の方はプレミアがついてしまっているため、ネット系のショップだと定価以上の金額になっているため、注意が必要です。

生き人形】シリーズ
イキニンギョウ
永久保貴一
ハロウイン・コミックス(朝日ソノラマ)/文庫版ホーム社

コメント

タイトルとURLをコピーしました